So-net無料ブログ作成
検索選択

男性放置死、2人に懲役23年=強盗致死の裁判員裁判−東京地裁(時事通信)

 東京板橋区のアルバイト中村隆志さん=当時(25)=を拉致して覚せい剤を打ち、埼玉県の山中に置き去りにして死なせたとして、強盗致死罪などに問われた無職吉松徹(22)、同増田弘樹(22)両被告の裁判員裁判で、東京地裁(藤井敏明裁判長)は16日、2人にそれぞれ懲役23年(求刑懲役25年)を言い渡した。
 事件では同罪で計7人が起訴されたが、判決はほかの5被告の共謀も認定。「金銭を奪う目的で組織的に行われ悪質。両被告は積極的に加わり、重要な役割を果たした」とした。 

【関連ニュース
【特集】裁判員制度
「酒井法子」「飯島愛」がアジアで愛された理由
〔写真特集〕知られざる塀の向こう側 刑務所の実態
〔写真特集〕違法薬物〜密輸、栽培の実態〜
「国民の社会常識反映」=裁判員判決、被告の控訴棄却

<佐賀大>ラグビー部1年男子、一気飲み死亡 「強要ない」(毎日新聞)
鳩邦、平沼氏と連携も 午後には与謝野氏と協議(産経新聞)
鶴岡八幡宮の大イチョウ、7m西に植え替え(読売新聞)
自殺報道の照会、原口総務相「事実関係調べる」(読売新聞)
<高校無償化>朝鮮学校は法成立後に結論 平野官房長官(毎日新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。